サイト内を必ずチェック!特定商取引法に基づく表記の有無

信頼できる業者であるかを確認

ファッションの流行の移り変わりは早いこともあり、せっかく購入したブランド品も短期間で使えなくなってしまうことは珍しくありません。流行から外れた場合は再び活用することは難しいものがありますが、ただ保管しておくだけでは勿体ないものがあります。ブランド品は中古品でも需要は多く、少し古いデザインの商品でも意外と良い価格がつくこともあります。今後も使う予定がないのであれば、価値が下がらない間に手放すことも考えてみましょう。査定の依頼はインターネットからも行うことができますが、このときもトラブルを避けるためには、信頼できる業者を選ぶことが大切です。サイトを見るときは、特定商取引法に基づく表記の有無をしっかりとチェックしておきましょう。

安心して取引をするために

インターネットを利用しての買い物や買取はとても便利なものと言えますが、顔が見えないだけに不安を感じる人も少なくありません。特定商取引法に基づく表記は消費者保護の観点から作られた法律で、情報をオープンにすることで、より安心して摂り引きが行えるようになります。サイトを確認して、こうした表記が行われていない業者は避けたほうが無難です。特定商取引法に基づく表記では、事業者名や所在地、連絡先や代金の支払い方法など様々な情報が掲載されています。信頼できる業者だと確認できたら、いよいよ査定を依頼することになります。簡易査定はメールやLINE、電話などで行うことができます。ブランド名や商品名、型番や写真などの情報を送信すると大体の買取価格を知ることができます。金額に納得ができたら、買取手続きへと進めていきましょう。

金買取で損をしないためには、買取りに出す前に金相場をチェックし相場により近い価格で買い取ってくれる業者を選ぶことが大切です。